農園ポリシー

2019-11-08

美味しい”くだもの”を作るために

BMW活性水プラント

BMW活性水プラント萩原フルーツ農園では、BM技術を積極的に利用しています。鶏糞堆肥(B:バクテリア)を原料として、花崗岩や蛇紋岩(M:ミネラル)と共に、当園の地下水(W:ウォーター)で混合して爆気を行っています。このプラントは県内の醸造会社で使われていたプラタンクを再利用しています。コンパクトなプラントで当園の入口にありますので、ご自由にご覧ください。鶏糞堆肥を原料にしていますが、匂いは全くありません。

減農薬栽培

減農薬栽培BM活性水を使用し、減農薬で栽培しています。BM活性水は上記のBMW活性水プラントよりBMW技術によって作られた水です。ミネラルやバクテリアが作った産物が豊富に含まれており、植物の生育向上や病気の予防、害虫の防除に効果があります。農薬ほどは効果が確認されておりませんが、補助的に用いて減農薬栽培に努めています。

BM活性堆肥

BM活性堆肥山梨県の鶏卵農場「黒富士農場」と提携し、鶏糞とお茶の葉を醗酵させたBM活性堆肥を使用しています。黒富士農場もバクテリア(B)の力を適切なミネラル(M)と良い水(W)にこだわり、このBM堆肥も環境に優しく作られています。植物の生育にその効果が検証され続けています。

草生栽培

草生栽培雑草の根が細かく張って土に空気が入る事で、土壌細菌が繁殖しやすくなり、土の機能が向上します。また、保水性も向上します。除草剤は、土やくだものだけでなく、環境や人体に与える影響を考えても使用しておりません。しかし、あまり草が伸びすぎると作業や収穫の邪魔になったり、くだものに雑菌が付きやすくなるので草刈をします。

土壌分析による施肥管理

土壌分析人も摂取栄養素が偏ると成人病になるように、土壌や植物についても栄養素それぞれの適量があります。当園では、土壌分析器を利用して、不足した分の栄養素を適量になるように、また過剰にならないようにBM堆肥やその他厳選した堆肥を施肥しています。
今後も更に詳細な施肥管理を行っていきたいと考えています。

耕作放棄地の伐採

耕作地現在、農業問題の一つとして、耕作放棄地の増加が取りざたされています。その原因は、後継者不足、生産コスト増による離農等、様々な要因がありますが、耕作放棄地は害虫や病気の発生源となり、良い作物を作るためには解消することが望まれています。萩原フルーツ農園では、これら耕作放棄地を取得し、県や市・建設業者などと協力し、伐採して農地としての利用を進めています。

Posted by 萩フル